自由ーフリーダムー

アイ アム ザ  ゴーイングマイウェイ

「お前はいらない」と言われたら頑張ろう。

「いらない」と言われたからこそ自分の力に気づけた話。

 

 

こんにちは(‘ω’)ノ。

 

ずいぶん長らくブログをお休みしておりました。桐原です。

 

 

このたび、勤めていた(といってもアルバイトと同じ地位だけど)某職場から「他へ行ってください」と戦力外通告をされました。

 

 

 

悔しい。

 

 

 

悔しくてたまらない。

 

 

 

舐めんな。

 

 

 

 

 

けれど、吹っ切れました。

 

 

「ああ、もうここへ通わなくていいのか」

 

 

何かが降りてくるような、悲しくて嬉しい気持ちになりました。

 

 

 

矛盾しているようで、本当は何も違わない答えでした。

 

 

 

 

 

(心の声)「ずっとつらかった」

 

 

 

 

「もう来なくていいよ」と職場のスタッフに言われて、ようやく自分の決心がついた。

「自分のために生きたいから、自分が望んだ仕事を手に入れる」ことを、身をもって実感した。

 

 

言葉にするとこんな感じでしょうか。

 

今はただひたすら胸が痛いけれど、この悔しさとやりきれなさをバネに、より一層自分の夢に真摯に生きようと思います。

 

 

 

 

 

本が好き。

 

漫画が好き。

 

雑誌が好き。

 

何でも好き。

 

 

 

 

 

「最高の強みじゃないか!!」

 

 

 

 

そうやって自分に語り掛けようと思います。

 

 

 

 

 

まずは、次の就職先を必死で見つけるところから。

 

 

 

このブログも、私の苦しみが続く限り、ずっと更新しようと思います。

 

 

 

皆様、いつもしょーもない話にアクセスしてくれて、本当にありがとうございました。

感謝しかありません。

今は泣かせてください。

 

 

 

 

 

よくがんばったじゃないか。

 

 

 

ふん。

 

 

 

 

 

 

さあ創作活動じゃーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!( ;∀;)負けないもん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

泣き言終わり。

 

 

 

2017.11.20.月曜日 桐原歌子