自由ーフリーダムー

アイ アム ザ  ゴーイングマイウェイ

小説家を目指すアマチュア作家の修業場所

オリジナル創作

ぼくの名を呼んでほしい【Please, Call my name……,】3

red-pink16.hatenablog.com red-pink16.hatenablog.com 第3話。女の子が出てきます。栗名君が動きません(;'∀')。 +第3話+ 「追いかけてほしかったのに」 涙のメリーゴーランド。愛情が空回りする……。 どうすればよかっただろう。 YUI「Merry-Go-Round」…

ー幻影獣― 地球事変 げんえいけもの ちきゅうじへん 二

red-pink16.hatenablog.com 序章 二 『いつでもあなたを見守っています。あなたの元に仕え、あなたの行く末を案じております。 それが私たち、『守獣《しゅじゅう》』の役目ですから――――』 *少年* 雪が、降っていた。 粉雪だった。 ふわり、ふわりと落ちて…

エンタメ私小説 第二弾 『きっと明日はいい天気』最終話

red-pink16.hatenablog.com red-pink16.hatenablog.com ここで完結です。m(__)m。 『きっと明日はいい天気』 最終話(第3話) 三 青花翠(あおはな みどり) 記憶の中の妹は、いつも泣いていた。厳格な祖母に叱られ、両親も働いていて家を留守にしていたた…

『きっと明日はいい天気』 エンタメ私小説 第二弾

red-pink16.hatenablog.com きっと明日はいい天気 *第2話* 二 伊織佳純(いおり かすみ) 「フルーツバスケット!」と夏央が手を叩いた。とたんに皆はわっと席を立ち、空席の椅子へ向かった。佳純はすばやく席を取り、夕莉を目で追いかけた。彼女はおろお…

ちょっと自分では納得してないお話。エンタメ私小説 第二弾 『きっと明日はいい天気』

こんにちは('ω')ノ。 21?くらいの頃にだらだら書いてた小説を載せてみますね。($・・)/~~~エイヤッ。 去年あたりに書いたエンタメ私小説の第2シーズンだと思って頂けると嬉しいです。(^▽^)/ 題名 『きっと明日はいい天気』―Happy Soul……!― 一 青花夕莉 今日も…

ぼくの名を呼んでほしい【Please, Call my name……,】2

red-pink16.hatenablog.com お待たせしました。続きです(;´∀`)。 +第2話+ 「悲しい顔はやめてよ」 夢の続き 追いかけていたはずなのに……。 YUI「again」より *** 佐藤涼は、栗名のことが好きだ。 彼を描くようになってから、ますます好きになった。 …

MISSING WHITE   ミッシング・ホワイト

red-pink16.hatenablog.com あらすじ 作者:魔の花より。 『アンティーク・ドール』 それはこの世の平和。 この世の武器。 ある国の少女は王宮の社交界に呼ばれ、階段を上る。「死」がすぐそこへ迫っていることを知らずに。 王子は地下に幽閉されている。 麗…

Mary the phantom-大怪盗魔梨花 本編1

red-pink16.hatenablog.com 第一幕「女怪盗」 雨がひどい。 地面がぬかるんでいるし、せっかくの短刀もだいぶ刃が傷んでいるから、メンテンスが必要だ。そういうタイミングで嫌な仕事は降ってくる。こっちは調子が悪いというのに。 黒子《クロコ》は非常に苛…

私〈I am……〉連載再開します('ω')ノ。  *原稿お直し。

red-pink16.hatenablog.com こんにちは。<m(__)m>。 執筆活動をそれなりに頑張っている桐原です。<m(__)m>。 ようやっと、エンタメ私小説(名前だけね)を書き上げるか、みたいな気持ちになってきたので、ぼちぼちやっていきます!!(;´∀`)。 ちょっと推敲?の文章載せます</m(__)m></m(__)m>…

Mary the phantom-大怪盗魔梨花- 

red-pink16.hatenablog.com 予告「覚醒」 薄暗い地下牢にいた。 手足が動かなかった。何かに縛られているようだった。 「起きて」 姉の声が聞こえた。 「起きなさい」 なぜ姉だとわかるのだろう。意識すらないというのに。いや、待て、意識がなかったら、そ…

「十代の君たちへ」*最果タヒさんの文をイメージ拝借

十代の君たちへ 今、限りなく死の淵をさまよっている君たちへ、送る、言葉は、世界が簡略化した、勝手な記号ではなく、ただ、ただ、苦しく、悲しく、憎たらしく、殺したくてたまらない、あの男たち(そして、女たち)を、八つ裂きにできるような、その頭を、…

ぼくの名を呼んでほしい【Please call my name……,】1

ぼくの名を呼んでほしい 花凜文学 男子高校生に一目惚れした男子生徒の話。 (*BLと百合とノマカプです。ご注意を!) *あらすじ* 自称「燃える芸術家」の佐藤涼(さとう りょう)は、高校二年に上がって同じクラスメイトとなった美形爽やか王子の栗名…

ノートの白紙を言葉で埋めてみよう企画 第一弾

ノートの白紙を言葉で埋めてみよう企画・第一弾 A7mm×30行 キャン○スノートにて。 文字で埋めたら詩文のような、散文のような文章になりました。 とりあえず発表。 2017.2.18.土曜日 私はこの世界にいるとして、私には私の世界があるとして、 だと…

エンタメ私小説第二話「微熱」後編

第一話「微熱」前編につづき、後編を書き上げました。('ω')ノ さて、この私小説(エンタメ寄り)はこれから一体どうなるのか……。 小学校から始まっているから、中学、高校、大学と行くんだろうけど、私の精神が飽きないか不安だ(笑) 一応オチは決めてます。…

エンタメ私小説、執筆開始!

こんにちは。('ω')ノ エンタメ的な私小説を目指して書き上げたものができたので、第一話を発表します。 自分のことを題材にした小説ですが、エンターテイメント要素をふんだんに入れたので、ほぼフィクションです。 主人公のキャラは自分そのものなんですが…

‐幻影獣‐ 地球事変 《長編シリーズ》

幻影獣に選ばれた、不思議なチカラを持つ生徒たちの学園サバイバル。 四方を森林に囲まれた陸の孤島、青狼〈せいろう〉学園。学校創立者の銅像は獣。100年以上前から言い伝えられている学校七不思議。巷で騒がれてる都市伝説。この学校には<チカラ>を持つ生…

長編シリーズ公開

www.pixiv.net 書いてみました。 文章まだまだ下手くそです(;・∀・)

掌編小説。〈学園もの〉

男子高校生に一目惚れした男子生徒の物語。 *見方によってはBLっぽいかも注意!(萌えではありません) 「君のファンになった」 +1+ 佐藤涼(さとう りょう)は、栗名(くりな)のことが好きだ。 栗名の名前は紅葉という。男にもみじなんてつけるか親の…

オリジナル作品のみの扱いです